head_img_slim
HOME > ストーリー

ストーリー

11歳の女の子、楓は、ある日突然授業中に倒れてしまい、検査の結果「急性骨髄性白血病」と診断され、辛く長い闘病生活が始まった。幼い楓にとって、抗がん剤治療や放射線治療は過酷でしかなかったが、隣のベッドで同じ病気と闘っている与志だけが唯一の心の支えだった。

同じ頃、IT企業を経営する柳井健吾は最愛の娘を白血病で亡くしてしまう。経営者の健吾は仕事を優先せざる得なかったが、娘を失ったことで、幸せだと思っていた家庭は崩壊へと向かってしまう。家族を失ってしまった健吾にとって、今や骨髄ドナーになれたことだけが人生で唯一の誇れることだった。

point01

幼くして白血病となった少女
11歳の女の子、楓は、ある日突然授業中に倒れてしまい、検査の結果「急性骨髄性白血病」と診断され、辛く長い闘病生活が始まった。

point02

そして白血病を乗り越えた少女
癒しきれないほどの大きな悲しみを乗り越え、今は元気になった少女は、自分の命を救ってくれたドナーからの絵葉書を手に旅に出る。

point03

娘を失った男
IT企業を経営する柳井健吾は最愛の娘を白血病で亡くしてしまう。失意の彼であったが、仕事を優先していたことを妻に責められてしまう。

かけがえのない人を失いながら、それでも懸命に生きていこうとする一人の男と一人の少女。 異なる人生を歩みながら探し求めた、それぞれの「いちばん逢いたいひと」とは。。。